[巻きがらし]人工林の成長を阻害する大木への対応

はじめに

人工林の中にコナラなどの大木が茂っています。このままでは人工林が日照不足となり育ってくれません。コナラの大木は枝を縦横に伸ばしているので、伐倒すると人工林に多くの被害が出ます。コナラを生かしていても、伐倒しても人工林に良い事はありません。そこで今回ご紹介するのは「巻きがらし」という方法です。

現場の状況

植林後20年程経ったヒノキで、樹高が15m、胸高直径が20cm程に育った人工林です。その中にコナラが立っているのですが、樹高は20m、胸高直径は35cm程あります。ヒノキよりコナラの方が成長が早く、いつの間にか追い越されて日光が当たらなくなっています。ヒノキに日光を当たらせるためにはコナラを伐倒すればよいのですが、伐倒すれば10本程のヒノキが被害を受ける恐れがあります。

ヒノキを守る作戦

コナラを伐倒する事は出来ませんが、コナラを枯らす事が出来れば春になっても葉は出ません。葉が出なければヒノキに日光が当たる時間が長くなります。植物は、樹表近くに水分や養分を枝葉に送る管がありますその管を断ち切れば枝葉は成長出来ずにやがて枯れてゆくのです。その管を断ち切る作業が巻きがらしという方法です。

巻きがらし作業

作業のし易い適当な高さに、幹にチェーンソーで深さ5cm程の切込みを10cm程離して2本入れます。そして、その間の樹皮を削り取るのです。これで完了ですが、巻きがらしをしたコナラはやがて枝が朽ちて落ちてきますので、巻きがらしは、道から離れた人が入らない場所に限られます