ソーチェーンの研ぎ方(上級・上刃目立て編)

はじめに

カッターを研ぐに当たり、特に上刃目立てと横刃目立て(別ブログに記載します。)が重要となりますので、今回は上刃目立てのお話をします。

カッターの上刃が真っ直ぐにならない

カッターを上から見ると前刃が弓のように曲がっている場合があります。これはヤスリを水平に、真っ直ぐに押し出したつもりでも、ストロークが曲がってしまうからです。

先ずは姿勢から

それを直すには構える姿勢がポイントなります。ストロークを真っ直ぐに押し出すためには手の甲が下を向き、脇を締めた状態でヤスリを握って下さい。その姿勢で腕を前後の動かしてください。スムーズに動くでしょ。

ヤスリの持ち方

ヤスリの柄の持ち方が次のポイントになります。手の甲が下を向いた状態でペンを握り、ペン先と肘が真っ直ぐになるようにする時、ペンが手首側に出ていれば手首をある程度曲げなければ真っ直ぐになりません。ペンが手のひらに収まっていればどうでしょう。たやすく直線になります。この手のひらに収まった状態でヤスリを握るのです。

ヤスリの柄の調整

市販のヤスリの柄は長く作られているものが多いのですが、このまま使うと手のひらに収めた時にヤスリの差し込み部分が前に飛び出してしまい、コントロールが難しくなります。今後の目立てを楽に行おうとすれば、自分の手のひらにスッポリ収まる柄を作って使用する事をお勧めします。

研ぐ時の力の入れ方

左カッター(エンジンから見て左側の刃)を研ぐ時は、ヤスリの左側に大きな力を掛けますので右手親指に力を入れて研ぎます。右カッターを研ぐ時は右利きの人には不得手な研ぎ方ですが、右手人差し指に力を入れて研ぎます。

終わりに

いろいろお話しましたが最後に言いたい事は、①ガイドバーに対してヤスリが直角に当たり、②波を打たずに研げて、③左右のカッターの刃の長さが同じになるように 自分の作業し易い方法で研げばよいのです。